歯周病治療


img
歯肉の腫れ、歯の動揺 美味しく食事が取れないと、お悩みの方は沢山いらっしゃいます。

歯槽膿漏の治療は、我々歯科医療従事者の努力だけでは治りません。患者さん、御本人自らが主治医になり治して行くのです。私たちはその為のサポートを致します。また、歯槽膿漏は、決して一夜漬けでは治りません。継続が全てです。

当院では歯周病でお悩みの方にレントゲン撮影を行い、顎の骨と歯の関係をご説明し、検査を行い、歯磨き指導、歯石除去を致します。

┃歯周治療は患者さんと術者の共同作業

歯周病の予後は、次の3つに大きく依存します。

1.初診時にどのくらいまで疾病が進行していたか

2.危険因子の把握が正しくなされ、対処されたか

3.患者さんのコンプライアンスが高いか(医療担当者の指示や注意をよく守り実行するか)


慢性の病気である歯周病は、歯科医師や歯科衛生士など、術者による治療だけでは治りません。患者さんと術者の共同作業なのですから、患者さん自身が、歯周病について、よく理解する必要があります。

┃歯周治療の流れ

img

┃PMTC (プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、文字通りプロの手による歯面清掃のことです。歯周病と虫歯予防、着色除去によるホワイトニング効果、口臭予防におすすめです。

PMTCの目的
歯周病菌と虫歯菌は、プラークの中に住んでいます。患者さん自身によるプラークコントロールでは、落としきれない粘着性のプラーク(バイオフィルム)を除去することです。

当院においては、PMTCを行なった後、フッ素、リン酸カルシウム、ミネラルの塗布を行なっております。 
・フッ素は虫歯予防
・リン酸カルシウム、ミネラルは軽度のむし歯部分の再石灰化を促進します。
img


▲ページTOP

(c) 医療法人 ごん歯科医院